とうふメンタル浪人生〜京大受験〜

そこらにある浪人ブログのようなもの書こうと思ってます。

学習記録3月17日

今日の勉強
河合のスタートキットの残り:2時間ちょい
解放の探求微積分:3時間ちょい

計:5時間ぐらい

今日は病院とかいきました。
あと、引っ越し準備が大変。

学習記録3月16日

今日は

学習スタートキット(英数)6時間

やりました。

河合でもらってきたやつです。

難易度的にはそんな難しくなさそうだったんですけど、結構基礎の抜け落ちらしき兆候が見られたのでそれが怖いですね(いやぁ〜人って忘れやすい生き物だなあ)。3月中にできるだけどうにかしたい。

あと学習記録のほうですけど、グラフとかあったほうがわかりやすいかなあとか思ったりしたんですけど、面倒くさいんでまた今度気が向いたらやろうかなあって思います。

今更ながら、「君の名は。」見てきました

 行こう行こうと思っていたけど受験でなかなか見に行く暇が無かったのですが、とりあえず今年はひと段落したので(来年あるけど(汗))ついに今日見てきました。

【感想】

 大ヒットも納得。なんかもう感動しすぎて中盤から見終わるまで泣きまくり。余りに泣けるもんだから俺疲れてるのかなって思いました(笑))。

 なんで感動したのか。言い切るのは無理だと思うけど、敢えて言うとすれば儚さとか淡さかなって思う。何度夢の中で入れ替わってても、いくら忘れまいと思っていても結局主人公たちは相手の名前を忘れてしまうわけですが、これって現実の思い出の儚さとかに通じるものがあるのかなと。青春ですね。青臭いとしてもそれがまた綺麗で良かった。


【他にもいろいろ思うとこはあるけどありすぎてうまくかけないので、とりあえず泣いたポイント箇条書き】

・三葉が既に死んでいたのがわかった場面

・ご神体クレーターの上で初めて出会った場面とその後の三葉が消えちゃった場面

・瀧も三葉もお互いの名前を忘れちゃった場面(手のひらに「好きだ」って書いてあったとこは特にやばかった)

・再開場面(会えて良かったね(泣))

 

 

 

はじめに

つい昨日浪人が決まった浪人生です。

浪人生活の記録とか鬱屈の解消として、今日からブログを書こうと思います。(いつまで続くかな…)
基本、記録とか書きたいこととかをつらつらと書きます。(たまに模試の結果とか載せます)

○簡単な自己紹介
・現役京大理学部落ち→浪人(志望変わらず

・現役模試判定
 夏 OP:D 実践:D
 秋 OP:B 実践:C

・まだ決まってないけど予備校(河合塾)通うつもりです。

 こうして落ちた翌日からいきなりブログを書き始めたのは、決して立ち直りがわけじゃなくて
二次試験終わったその瞬間から「これは落ちたな(確信)」って感じだったからか、昨日はそこまでショックが大きくなかったからですね。
合格発表見ても「あ~、やっぱりね」って感じでした。
まぁ落ちた事実は嫌だし悔しいですけどね、しょうがない。

ともかくまた一年あるから、次こそスパッと京大理学部入れるように頑張ろうと思います。